長期の留守の時はウォーターサーバーの電源はどうする?

節電ブームの折り、家を長期間空ける時は、色々な家電製品のコンセントを抜く事が推奨されています。
余分な電気代もかからないし、火事の心配も少なくなります。
しかし、ウォーターサーバーのコンセントだけは抜かないで下さい。

基本的にウォーターサーバーは、水の入ったボトルをセットして、電源を入れた状態で正常に動作する様に作られています。
電源を抜いてしまうと、室内の雑菌、カビ等がウォーターサーバーの中で繁殖してしまって大変な事になります。
そして、必ず確認しなければならないのは、ボトルの中の水の量です。
水が入っていない空のボトルをつけて、電源を入れた状態で放置すると、ウォーターサーバーの故障の一因となってしまいます。
従って、2週間程度の期間でしたら、水の入ったボトルをセットして、電源を入れた状態にしておいて下さい。

1ヶ月以上の長期間の場合は、ウォーターサーバーの取り扱い業者に連絡をしてみて下さい。
業者が留守の間、引き取って代わりに管理してくれるケースもありますし、説明書の手順に従って、電源を抜き、水抜きをして保管する機種もあります。

冷蔵庫と同じような家電だと思えばいいかもしれません。

コメントは受け付けていません。