長時間水に接するスポーツ。プールと塩素

私は、学生時代、水泳選手でした。水には神経質です。
プールの水には、必ず塩素が入っています。プールに行くと、必ず特有の匂いがあると思います。
定期的に塩素を入れ、塩素量を計っていました。塩素が少ない時は、塩素を追加して入れます。

プールに塩素を入れないほうが体によさそうなのですが、そうではありませんでした。

夏休みの時に、暫くの間、塩素を入れなかった時、プールの水は、濃い緑色になっていました。
深いところだと、底が見えないほどです。びっくりしました。塩素の価値をはじめて知りました。

これはこれで面白くなって、遊んでいました。プールの底を潜って、仲間の足を掴んで、プールの底に引きこむのです。
綺麗な水なら、人が来ればわかるのですが、このときは、見えません。
皆で、潜水して良いルールの水球を行い、楽しみました。

コメントは受け付けていません。