白神山地の伏流水を使ったお酒

私の住んでいるところは、地酒(日本酒)の有名な地方です。
おいしい日本酒を造る為に大切な物の一つに水があります。
お酒造りの場合仕込み水といいますが、この仕込み水次第で日本酒の味が決まってもおかしくないくらい大事なものです。

各メーカーの中には、良い仕込み水を確保するため、白神山地の伏流水を冬(日本酒の仕込み時期は冬の為)に確保しているところもあります。
雪の多いところなので、村の役場の方々の協力で水源まで除雪してもらい、メーカーのトラックがタンクを積んで、水汲みに行きます。
水は、ぶな林から地下に集められたミネラル分がたっぷりな為、水だけでもおいしく飲めます。
また、近くにはわさび畑もあり、水がきれいである事の証明にもなります。
白神山地の伏流水を使った日本酒はラベルに、白神山地と記載されている物がある為、それを見印に、ぜひ賞味していただきたいと思います。

コメントは受け付けていません。