浄水器とウォーターサーバーの違い、選び方

水道水には、塩素やトリハロメタンなどの不純物が沢山含まれています。安全な水を求めて、水道に浄水器をつけている家庭も多く見受けられます。
さらに最近では、放射能のヨウ素問題などもあるので浄水器が安全だとは言えなくなってしまいました。

何故ならフィルター方式の一般的な浄水器は、ヨウ素などの物質を取り除くことはできないと判明したからです。
RO式の逆浸透膜を採用した浄水器なら、80パーセント位は取り除けるようですが、値段も高価な上、完全は取り除けないのです。
ウォーターサーバーの水は、日本国内の安全な場所の天然水やヨーロピアン水を原料としています。全て放射能検査済で放射能が含まれていない安全な水ですから、安心して飲用できます。
しかも、レンタルサーバー料や送料も無料の所が多いので、実質かかる金額は水代のみで済みます。
月々のコストは電気代を含めても僅か数千円で済みますので、浄水器よりも安全でお得だと言えます。
浄水器やウォーターサーバーを選ぶさいには、水の安全性を何よりも重要視することが必要だと思います。

コメントは受け付けていません。