ウォーターサーバーのフィルムパックのメリット

最近のウォーターサーバーでは、従来から使用されている、ガロンボトルと共に、フィルムバック(ソフトボトル)タイプも扱う業者が増えてきました。

フィルムパック(ソフトボトル)の場合、小さく、コンパクトにたためて、自分で簡単に処理できるというメリットがあります。
ミネラルウォーターのペットボトルに比べて、かさばらず、ゴミの量は少なくなります。
ガロンボトルの場合は、次の回収まで、空のボトルを保管しておく必要がありました。しかし、そのような保管場所は不要になります。
また、ボトルの再利用ではないので、毎回新品で、自分専用ボトルになるので、気分良く、利用できます。
ガロンボトルでは、使用する際、ボコボコ音をたてて、気泡が逆流する姿がよく見られます。水が外の空気にふれると、カビ菌や雑菌などが繁殖しやすくなります。
このようにできるだけ、ボトルの外から空気(雑菌)が入ることの少ないつくりになっているフィルムパックは、大変衛生的で、赤ちゃんにも安心です。

コメントは受け付けていません。