おいしい実家の水道水

私の実家は秋田県の田舎にあるのですが、実家にいたころは、水道水の水を当たり前のようにゴクゴク飲んでいました。
冷たくて、クセがなくて、とてもおいしい水です。
近くを流れる米代川や、その他のきれいな水源からの恵でした。

私が関東に引っ越してから、水道水から水を飲めなくなったときは、ショックを受けました。
初めてアパートで水を出し、何も考えずに口にしたとき、「何これ!」という感じでした。

初めて感じる、水のにおいというか、臭さというか。

周りの人に聞くと、この辺ではみんな水はミネラルウォーターを買うか、スーパーでタンクに入れて持ってくるのを利用してるよ、と言っていました。

水道から水が飲めないなんて、初めての経験でした。
本当に、環境が汚染されている証拠ですね。水は人間になくてはならないものなのに、そういうものですら、気軽に飲めなくなっているなんて。

実家に帰るたびに、おいしい水を飲んで感動します。
田舎のこの水も、このおいしさときれいさをずっと保ってほしいな。

コメントは受け付けていません。